« 加納セリフ集 | トップページ | 連載、単行本、文庫本を比較 »

照柿

■単行本にあって文庫では削除された表現

 ・合田が、太陽精工総務部長宅へ脅迫電話をした後、地面が傾いて見えるのは母が倒れたときと加納が涸沢で雪崩に埋まったとき、と回想する場面が削除。

■ちょこっと変更

・全体に、加納の合田への想いが本人にバレバレなのが文庫。

・水戸での会話はかなりこまごまと変更あり。「猿でも悩む」は単行本では加納が、文庫では合田自身が発言。帰省の暇を問われて「ほされてる」@単行本、「永田町を疑心暗鬼にさせとく」@文庫など。あと細かいですが、「い抜き言葉」は徹底的に修正されています。

・キリスト教から仏教へ改宗!

・加納母、亡き人…!!!!

・先に手に触れたのは合田@単行本、手相見のドサクサで手を握る加納@文庫。手相占いなんかできないんでしょ、加納よ!?

・達夫殺人後の合田取調べにて、直接電話で話す場面は伝言に変更。

・ラストの合田から加納への手紙、義兄殿→祐介殿に変更。こういう修正は大歓迎♪

~以下、個人的な感想及び突っ込みです~

「やるならもっとうまくやれ」

って誰ですかアナターーーー!!!!!!(大絶叫)

単行本では「それで、ほされてるのよ」とか「問答無用。君の罪を小生が代わりに負うことがかなうものなら」など大好きなセリフがいくつもありましたが、文庫では、文庫では……シクシク。唯一「俺の背中で何か考えているだろう」はちょっと好きです。広くてたくましい背中を想像できるので。

マークス文庫も「なんだか安っぽくなった?」と感じましたが、照柿はさらに加速していましたorz もっとこう、ときどき男らしくぞんざいな物言いはしても、隠し切れない上品さってものがさ、加納の良さであり持ち味でしょう。高村さん、これはいくらなんでもヒドイです。

合田シリーズでは照柿が一番好きな作品だけに、文庫の改訂はどうしても受け入れられないのでした……。

|

« 加納セリフ集 | トップページ | 連載、単行本、文庫本を比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加納セリフ集 | トップページ | 連載、単行本、文庫本を比較 »