« 照柿 | トップページ | 加納セリフ集 »

照柿(文庫)

《ちょうどひとりで呑み直していたところだ》
《五日の朝、東京へ戻る》
《では四日に。泊まっていけよ》(上p.113)

------

《無理するな》
「いま、君は水戸くんだりまで何をしに来たんだと考えていただろう?」
「早く上がれ。仏壇に線香をあげて、一風呂浴びて、それから痛飲だ」
「そら、また俺の背中で何か考えているだろう」
「正直なやつ!」
「おい、トマトが冷えてるぞ!」
「社有地の売買に、その筋の不動産会社が関わっているという話は聞いたことがある」
「夏休みというか、中休みというか。永田町を疑心暗鬼にさせておくのも悪くない」
「それで、君のほうはまだ八王子の殺しをやっているのか」
「行き詰まりか?話なら聞くぞ」
「その前に、賭場になんか出るな」
「言っておくが、俺が博打なんか許さんのは違法行為だからではない。それが裏社会という暴力装置につながっているからだ。俺は暴力が嫌いだ。暴力の薄暗さが嫌いだ。同じ理由で、この国の政治の系譜にも憎悪を覚える。警察や検察権力の系譜も同じだ。ああいや、政治家や官僚はどうでもいい。君だけは暴力装置と無縁の人間でいろ」
「食ったら話せよ」
「それで、八王子のホステス殺しのどこが、どう行き詰っているんだ」
「その二度目の索状痕に、生活反応はあったのか、なかったのか」
「まず、一回目の扼頸で被害者がすぐに死ななかったというのは、殺人もしくは殺人の構成要件を阻害しない。その上で、第二の絞頸については、そのとき被害者が生きていたのであれば、第一の扼頸に対する因果関係の中断となり、この第二が殺人の既遂、第一は殺人未遂となる。これは、仮に第一の扼頸がなければ第二の扼頸は起こらなかったとする場合でも、第一の扼頸と死亡との相当因果関係は認められないので、答えは同じになる。次に、第二の締頸が行われたときに被害者が死亡していた場合は、この第二の絞頸はふつうは客体がないものとして不能犯となるが、行為無価値論に立って未遂犯とする考え方もないではない。ちなみにこの場合、どちらの論を採用しても、当然のことながら第一の扼頸が殺人の既遂となる」
「先に言っておくと、第二の賊を挙げてもいない段階で、いかなる断定もすべきではない。その上で言うが、仮に第二の絞頸が行われた時点での被害者の生死がどうしても不明の場合、結論から言えば、死亡を採用するほかない。君が言うとおり、第二の絞頸は、その時点で被害者が生きていたから起こったと見るのが合理的ではあるが、被害者が生きていたことの立証責任は訴追側にあるから、立証が出来ないのであれば仕方がない。いずれにしろ現時点で君がすべきことは、ともかく第二の賊をひとまず殺人容疑で引っ張ることだろう。その上で、被害者の生死についてはあらためて精査すればよいのだ」
「物証が揃わずとも、犯罪を構成したという合理的な疑いがあれば引っ張ることは出来る。二人いるホシを一人にすることだけは許されんぞ」
「自首は、第三者が追い込んだら自首にはならない。頭を冷やせ」
「じゃあ呑もう」
「そら、この間見たときからずいぶん皺が増えている―――。寝ても醒めても何事か考え続けて、悩みを溜めて、じっとちぢこまっている子どもの手だ」
「痛恨は悔悛の秘跡の始まりだから、喜べばいいんだ。突然魂を襲う意志こそ浄化の唯一の証拠だと言ったのは、ダンテの―――」
「しかし、ほんとうに意志の問題なのか、どうか」
「目の前にいるよ」(上p.363~374)

===ここから下巻===

《某所より入手。やるならもっとうまくやれ》(下p161)

------

《手が空いたら四階まで電話されたし。カノウ》(下p.279)

------

『雄一郎殿
 珍しい乱筆ぶりに君の心中を察しつつ、外野から二つだけ申し上げる。
 まず、君が事件前に佐野美保子と相対した時間は、拝島駅で二分。東京駅で五分。立川駅で一分。合計八分に過ぎない。東京駅での五分は相対したとも言えないので、これを除くとわずか三分になる。あるいは小生の知らない時間がほかにもあるのかも知れないが、いずれにしても、人生のほんとうに短い時間だったことは一考に値すると思う。
 いま、徒然に『神曲』を読み返しながら、考えたことがある。ダンテを導くのはヴェルギリウスだが、君が暗い森で目覚めたときに出会ったのが佐野美保子だった。ダンテが《あなたが人であれ影であれ、私を助けてください》とヴェルギリウスに呼びかけたように、君は夢中で彼女に声をかけた。そして、それ以来恐れおののきつつ彷徨してきた君がいま、浄化の意志の始まりとしての痛恨や恐怖の段階まで来たのだとしたら、そこまえ導いてくれたのが佐野美保子であり、野田達夫だったのだ。そう思えばどうだろうか。
 ところで、小生も人生の道半ばでとうの昔に暗い森に迷い込んでいるらしいが、小生のほうは未だ呼び止めるべき人の影も見えないぞ。
十月十五日
 加納祐介』(下p.318~319)

|

« 照柿 | トップページ | 加納セリフ集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 照柿 | トップページ | 加納セリフ集 »